脳みそが老化しているような気がして自分のことが至極惑い

いま同士と飲みに行って、割り勘にするとき、自分はからきし暗算が出来ず、一人当たりいくらになるのか査定が出来なくて皆から笑われました。
同士たちはどうだったかと言うと、食べた食事をうえから順番にお父さんお父さんといった暗算して、一切を数で割って、しかも出金税取り分まで計算して、一人当たりほとんどいくらかと言うことを一気に査定できるのです。
後から第三者がケータイの査定タイミングで計算するとばっちりだったりして、その暗算器量の高さにとっても驚かされました。
自分は暗算ががんらい憎悪で、スーパーに宅配をめぐっても2Offとか3Offと言うようなステッカーが張られていると概していくらかと言うことがわかりません。
グングンこれだけ買ったらひと通りいくらという暗算も苦手なので、宅配のときはスマフォの査定タイミングが手放せません。
再び最近は漢字が思い出せなくて、手書きが無理になりました。
携行の移植が無ければ漢字が見なしだせない、自分のキャリア人気の減少が極めて気になります。
教養の利器に任せすぎているのが事情です。
ですからたまには、ケータイ絶ち、ネット絶ちとかしてみて、何にも乏しい中で自分だけの器量でどこまでやっていけるか、どこまで思い出せるか挑戦して、脳裏をスクールすることも大切だと感じています。http://eltonjohnrussia.com/