無償より高いものはない。そんなことを思いながら帰路に付く夜

今日も毎日、大丈夫営業が終わればといった、それほど思いながらも営業を開始する。
前日は残業で目覚ましが転じるギリギリでの帰郷だったので、今日は少なく帰りたいと頭の中に思い描きながらも黙々と営業をこなしている。
そういった太陽に限って、騒動がおきるもので、まさか騒動の手当で毎日が終わるとは思わなかった。
大丈夫、騒動の流れをかしこく乗りこなし、なんとか大丈夫克服。
騒動の糸口となった友人が、謝罪にごはんをおごって受け取ることに。
そこは遠慮なく好意として承知し、本当に居酒屋へ。
なんでも好きなものを呑み食いして相応しいとして、唐揚げから、ポテト天ぷら、ビール、日本酒、ワインをガブ呑み。
だらだらで同僚の不服を聞きながら、飲んだり、食べたり、話していた李すると間もなくひとときが過ぎて終電間際の時間に。
騒動の謝罪として、遠慮なくおごられて帰郷しようとJRにのぼりました。
ぎりぎりだった結果、少し現れはしましたが、大丈夫終電に乗れた。
但し、呑みすぎてウトウト。そうして車掌君に終点ですよって起こされ、すっきりとした目覚めを迎える。
駅舎から降り立つって、小雨がパラパラといった。そうして、終点として見知らぬ土壌で再び極めて大都市から離れて田舎町へ。
しぶしぶタクシーにのぼりハイウェイにも乗って大丈夫帰宅しました。
おごられたのが3000円ぐらいで、タクシー費用が10000円。
無償より高いものはない。それほど想う一日でありました。シエンタを値引きしたい人はこちらをご覧ください。